暗記パン欲する生徒

暗記パンというのを御存じでしょうか。

ドラえもんの道具で、食パン?に文字を書いたものが暗記できるというものです。

私はあまり詳しくないのですが、どうやら消化してしまうと忘れてしまうようです。

優成学館では現在、土曜特訓授業を実施しています。

社会の用語が皆弱いので、土曜日に歴史の暗記&テストをさせていました。

そこで少し話題に出たのが暗記パンです。

 

私「暗記パンって、絶対非効率じゃない?食べるのしんどくなるから覚えた方が楽かと」

生徒「めっちゃちっちゃい字で書いて、パンをロールして食えばいいんですよ」

 

なんか、小学生のときの給食を思い出すなぁ。

コッペパンをペシャンコにして、それをロールして一気に食べてる同級生がいました。

画期的な食べ方を考案した!みたいなこと言ってましたが、量は変わらないんですよね。

結局その同級生は、後半牛乳で流し込んでましたが。

 

でも一番大事なのは、そういった発想をいくつも出すことだと思います。

暗記で通じる世の中ではなくなっているので、様々な発想がすぐに出て来るのはとても重宝されると感じます。

社会に出てから役立つことなので、是非その思考力は損なわないで欲しいですね。

受験生なので、それなりに暗記することも勿論必要なことではありますが…。

 

優成学館

竹下

Follow me!

BLOG

前の記事

興味を持つには
BLOG

次の記事

時の経過