恩師

私は、小学4年の冬から受験の塾に、自分から行きたいと行って塾に入りました。受験するつもりは全くありませんでした。

その頃から中3までずっとお世話になった先生と連絡がつき、25年ぶりにお話できました。電話の向こうは、もうすぐ還暦にならんばかりの声でしたが、面白さは全く変わりませんでした。今は自宅で授業をされているそうですが、中学受験の指導はされてないそうです。

長崎の受験事情も福岡と同様、だいぶ変化していて、親元を13歳で離れて、寮に入ってまで、、、と考える人は減っているようですね。

私は、高校から寮生活で、親元を離れて過ごしましたが、寮を出てから、社会性の無さにに恥ずかしい思いをし、苦しんだ経験を昨日のことのように思い出します。

とは言っても、九州御三家は、親元を離れるだけの価値がある学校だと思います。世の中の不思議について、とことん知りたいというお子様は、是非門を叩くべきです。

親が行かせたい!はNGです。本人の好奇心が最優先ということで頑張ってみてはいかがですか?