支援物資届けよう

熊本にいる私の同期の友人が、

避難のために

お子さん2人(中学2年生と小学5年生)と

2日間、

車の中で生活しているらしいです。

また、別の友人は、

コンビニに行っても食べ物が何もなく

昨晩は、

お菓子だけで

過ごしたそうです。

他人事じゃ無い。

でも、車は大渋滞らしく

独自の判断による行動は、

かえって迷惑になる。

結果何もしてあげれない。
そんな中、

福岡市長が、

大名小学校に

支援物資を集めている

という事でしたので、

ミスターマックスで

水を車いっぱいに買って

持って行きます。

福岡市長のフェイスブックより
以下文章⬇︎

「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、福岡市から市民の皆さんに具体的な支援物資提供についてのご協力のお願いです。以下のように致します。
この後日曜日13時から20時まで、大名小学校にて以下の物資のみ提供をお願いいたします。
①ペットボトルの水(未開封でもちろん賞味期限内)
②トイレットペーパー
③おむつ(子供用、大人用)
④タオル(未使用、未開封のみ)
⑤毛布(未使用、未開封のみ)
⑥生理用品
提供をお受けするのは以上の6種類のみです。現時点ではその他のものを提供されても引き取れません。
月曜日以降は当面、朝10時から20時まで開設いたします。

大名小学校の教室を、ペットボトルの水の教室とか、子供用のオムツの教室という風に名前をつけることで、持ち込みの時点から仕分けを行って効率的に整理します。
当面は市民の皆さんからの支援物資はここで受けて、ここから被災地に物資を送ります。

まさに初めてのチャレンジで完璧な対応が出来るか私たちも手探りですが、何とか迅速に福岡市民の皆さんの思いと被災地・熊本のニーズを繋ぎたいとの思いの上でのチャレンジですので、ぜひスムーズに成功するようにご協力をお願い致します。

大西熊本市長とは携帯で直接連絡を取り合いながらニーズを把握しています。熊本県の災害対策本部に消防職員を派遣して指揮をサポートしながら情報収集もしています。また明日は新たに支援物資に関する情報収集を目的に職員を派遣して迅速に対応します。

またこの時にサンポー食品様から「九州のために」と、いち早くご提供頂いた1000食のカップラーメンもお届けいたします。このように個人ではなくて、企業様が大量にご提供頂ける場合は福岡市役所市民局(092-733-5161)までご相談ください。

さらに農林水産省と連携して、先日移転したばかりの福岡市の青果市場跡を提供することで、ここを拠点に熊本に国からの支援物資を送ります。夕方以降には4万食のおにぎりも入るとのことですので迅速に被災地に届くようサポートします。