北海道のしつけの事件について

昨晩入ってきた北海道のしつけの事件。

皆さんどうお感じになりましたか?

保護者の皆さん、自分の子どもが車に石を投げたり、言うことを聞かずに人に迷惑をかけまくってたらどうしますか?

中高生の皆さん、もしも自分に子どもができて、その子どもが尋常じゃない暴れん坊だったらどうしますか?

私は、次のように思います。

<両親にやさしく構って欲しかった>

まだ小学2年生くらいなら幼稚園保育園生と同じです。近所の小学生はどうでしょう?抱っこされたいし、自分のことを名前で呼んだり、お母さんのことをママと呼んだり、自立にはまだ早いですよね。

子どもは、自分のやりたいように行動し、発見を両親に共有したいし、認めてもらいたいのです。だから、「ねえ見とって〜」と何度も言うのです。

親からすれば、絶妙に忙しいそのタイミングで、それ言われると、イラッとしてしまい、スルーしてしまいます。スルーしすぎると、スルーされないように、もっと注目を浴びる行動をとります。例えば、「ねー!!!」と声が大きくなります。

褒められて、構ってもらえないと、それ相応の大きな行動に出ようとします。正しい行動をしている時に認めて、褒めて、抱っこしてあげることで、満足させてあげないといけません。

今回、親御さんは、しつけと言って、山林に放置しました。今後、この子は益々大きな行動をするようになります。今、見つかってないのは、わざと隠れているのかもしれないとさえ思います。

今回の事件は、全て親が悪い。しかし、他人事ではありません。親は、自分に置き換えて日々の行動を反省することです。

中高生は、しつけがどうあれ、今自分が山林に捨てられずに、この場に居られることに感謝しよう。

何より、早く見つかってほしい。きっと今後世間の厳しい批判で、置き去りにした親は反省できると思います。いい未来が待っている。必ず将来はうまくいくようになっている。

だから、早く見つかって!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする