模試、検定は受けろ!

ヤフーのニュースに、
子どもの頃の、漢検、英検は必要か!?というものがありました。

大人にとっては、子どもの頃の、4級とか5級とかって面倒なだけで、内申書や評定に関係がないので、
別にいいんじゃない?と思ってしまいます。

子どもは?と言うと、今までの学習に加えて、それ用の更なる学習を求められるし、親があまり積極的ではないので、
真剣に受けたりはしません。

じゃあ、受検しなければいいやんか?

しかし私は、強くお勧めします。

やがて時は経ち、

頑張って受検した人たちが、結果発表を迎えます。
合格する人がほとんどですが、受検しなかった人は、合格して喜ぶライバルたちの姿を見て、とても空しい気持ちになります。
やっぱり受けておけばよかったなぁ~と思います。

合格、不合格などの結果発表は、嫌いな勉強に刺激を最も大きく与えるものです。
そして、獲得した級は一生ものです。
必ず報われます。

受検するまでは、本当に気持ちが乗らず進みません。
今回も、前日になって始める者さえいました。

そんな奴は全員落ちている→合格した人を見て絶対「やっとけばよかった」となります。

9月以降は、もしラッシュ。
優成学館生は、2年生も1年生も小学生も積極的に受検してくれています。
自分を刺激するためにも頑張りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする