将来の夢

ぐわ~っと頑張って難問にチャレンジしている塾生たち。
切りのいいところで、世間話をしたりすることがあります。

ある男の子は、「大きくなったら何になりたい?」という問いかけに、
「医者になりたい、眼科医になりたい」と胸の内を語ってくれました。

入院した時に、担当してくれたお医者さんが、「君も眼科医になりなさい」と言ってくれてからの夢だそうです。

め~っちゃええやん!がんばり~!

ゆめは、諦めたらそこで終わりです。
夢の実現は、諦めなければかないます。
わたしも、高校1年生まで医者になりたいってずーっと思っていたのですが、
成績が振るわず諦めてしまいました。
諦めなかったらどうなっていただろうって、ときどき考えます。
浪人生活を何年かすれば夢はかなったのではないかな?って悔しく思います。

昔より、今は、ハードルが下がっています。
しかし、責任は昔より重くなっています。
是非、いつまでもいつまでもチャレンジし続けてください。

応援し続けます!