中村学園女子中学高校の説明会に参加してきました。

先週に引き続き、学校説明会に参加してきました。今回は、城南区別府にあります、中村学園です。

中学校も高校も、とにかく「英語教育」。

イギリスのケンブリッジEnglishを採用し、

受験のための、というより、「使える英語」の学習に、すでに取り組まれています。

2020年の教育改革に沿って我々は、準備を進めるところですが、中村学園は、その先の先を進んでいます。

英語4技能(話す、書く、聞く、読む)を中学校から入学したお子さん達には特に徹底しておられます。

留学生も日本では1番多く受け入れしているのではないか?とおっしゃっていましたが、多国籍の生徒さん達といっしょに学ぶことができる経験は、中村学園ならではでしょうね。

我々の前に10名の留学生が挨拶に来てくれました。

また、「食の中村」は、ずいぶんの有名な話ですが、この強みを生かした「食のサミット」という海外との交流イベントに、高校生が一生懸命取り組みます。勉強と部活の両立がしばしば話題になりますが、部活動をしなくても、このような取り組みがあると、将来の目標が出来やすいのではないかな?と感じました。

来年から新設されるクラスがあります。

GIクラスといって、英語に特化したグローバルイノベータークラスです。

わたしは、もっとも時代の沿ったクラスであると思います。

英語が好きな子は、語学留学して、英語の先生になって、、、というのが我々の時代では一般的でしたが、最近は、「で、英語で何を専門的に学びたいの?」というところまできています。

「食」というコンセプトを軸に、子どもたちの視野を世界へと広げ、そして、「大学でこんなことを学びたい」といった指針をも示してくれる学校なんてなかなかないのではないでしょうか^_^

来年から、私立と公立の価格差がうんと縮まります。

最後に、ダンス部と吹奏楽部が、我々のような塾の先生だけのために、演奏演技を披露してくれました。

こんなに手厚く我々を迎えてくれる学校があるでしょうか?

F8259266-7020-4639-8B92-704278A9E501

ホスピタリティは、今年も、今までもナンバーワン。

お子様が、行きたい高校に迷われたら、中村学園をお勧めしてはいかがでしょうか?

親御さんは、必ず「子どもの頑張る姿」を見ることができると思いますよ。