個別指導の例

(個別指導が向いている小学生の例)
その1
中学受験はしないけど、高校では偏差値の高いところに行きたい!
そんなお子様には、どんどん先を進め、小学6年の終わりには、中2の中頃くらいまで、確実な実力をつけながら進めます。

その2
学校授業をまず何とかしたい。
そんな方にも、優しくて、問題数も少なくて、比較的取り組み安いテキストで少しずつ進めます。
学校より少し早めに進めることで、学校の授業で手を挙げられるようになります。

その3
中学受験指導も行います。
他とは違う方法で、将来の糧となるような勉強方法で合格へと導きます。
(個別指導が向いている中学生の例)
その1
今まで全く勉強をしてこなかった。だけど、ちょっと最近できない自分が恥ずかしくなってきて、そろそろやろうかなあ?と
感じてきている君。それが伸びるきっかけです。
優成学館は、初めからやり直しして、追いつけるようにします。
もちろん学校の授業もついていけるようにします。
すべては、頑張れる君次第。優成学館のサポートをご体感ください。

その2
数学は好きだけど、
他の科目は超苦手で全くやる気がしない。
そんなお子様には、数学だけ、どんどん進めて、「理学部数学科」を目標に、高校内容にも躊躇なく入ります。
受験前の模試でも、数学だけは、満点に近い点数で、周りの友達をあっと言わせます。

(高校生の塾の活用例)
学校の授業でわからないところが出た時に、何の科目でも聞ける環境がほしい。
きっと、みんなそうだと思います。
だから、授業は、週に1回か2回で、後は、自習利用で毎日塾を活用します。
受講科目は、コレと決めつけず、その時の疑問を解消させます。
入試を終えたばかりの九大生など、良き相談相手があなたをお待ちしております。

(不登校、LD、ADHDなどの疑いがある場合の例)
やる目的が見つかるまでは、本人にとって、学習が苦痛でたまりません。
とは言っても、学校では、やるべきことを多数出されます。
やらない事、やれない事を悩んではいけません。そして、慌ててはいけません。
決して勉強を強制してはいけません。
保護者様と一緒に理解を深め、みんなでお子様を全力サポート。
いろんな問いかけから、どんな学問が向いているか一緒に考え、「やりたい」を待つことが重要です。