時の経過

気が付けば12月になっていました。

1年の経過が年々早く感じてしまうなんてことがあると思いますが、どうやらその理由もしっかりあるそうです。

例えば4歳児と79歳の人。1年経過すると5歳と80歳です。

同じ1年を過ごしたになりますが、5年のうちの1年と80年のうちの1年。

1/5と1/80では、時間の経過した濃度も違うということだそうです。

 

年を重ねると時間の経過が早く感じるのは、必然という考えです。

個人的には全くそんなことはないと思いますが、強く時の経過を感じることはあります。

幼少期や学生時代を思い出すと、必ずそんな錯覚に陥ります。

現高校生でも「中学時代は~」と思い出した後に「小学校の頃って~」と思い出すと、相当時間の経過は感じられると思います。

 

思い出に浸るとすぐに時間の経過を感じてしまいます。

日記や思い出の商品、そんなものをみたら「あぁ懐かしい」となってしまいます。

先日部屋の掃除をしていると、何気なくネクタイに目が留まりました。

そういえば大学生の頃、買ったやつだなぁと。

そう思い返せば実は今使っているズボンのベルトも大学の頃に。

油断しているとすぐ、年の経過を感じてしまいますネ…。

 

優成学館

竹下

Follow me!

BLOG

前の記事

暗記パン欲する生徒
BLOG

次の記事

時間との戦い